×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[雑感]まだ人を殺していない僕のこと

 えっと、「人を殺しちゃいけない」というのはまあ大体何処の社会でも共通の道徳規範だと思うし、まあ反対する理由も持ち合わせてはいませんが、でも「何故?」と訊かれると困るものでもあります。ここで「そんなの当たり前だ」というのは回答としては認めません。
 まあ結論から先に云うと「個人的な殺人を認めてたら社会は機能しなくなる」ってのがあるかな、と思うんですが。それは道徳じゃない、と云うかも知れませんけど、道徳なんて結局社会の要請ですから。で、まあそれを実際に有効たらしめる為に法律とか刑罰が存在する訳だと思ってて。
 でもある種の状態に陥ってる人々に対してはそういうの無力だったりするんですよね。例えばもう自分が生きてくことに何の喜びも見出せない状態の人に「殺すのは悪いことだ。罰則もある」っつったって、多分抑止力にはならないと思うんですよ。現在の社会/世界に対して全く友好的な感情を持てない人に対して、とかも。そういう状態を想像できない方もいらっしゃるかとは思いますけど、それは存在し得ると思います。

 で、まあ僕がそういった状態にかなり近いところまで落ち込んだ時、それでも其処まで至らなかったのは何故か、というのを少し考えてみると、まあ僕はかなり恵まれてたんですよね。いろんな面で。家庭の経済状況は一応裕福なレヴェルで、僕が稼がずに穀潰しでもある程度やっていけて、また親も僕のロクデナシな状態に理解があったので、「今は仕方ない」と許しててくれたし、僕は取り敢えず勉強だけはできたので、割合簡単に大学という一種の逃げ道に一時的にせよ逃避できた、ってのがあります。はっきり云ってこれは学歴社会の名残りに感謝、ですね。それなりに名前の通った大学に通ってるってだけで、全く人間性とかとは無関係に、社会的になんだか「認められる」という。それから「トモダチ」の存在ってのもあったかも。結構不思議なんですけど、割とトモダチいるみたいで、しかも結構長続きしたりして。ほんとになんでこんなオレに?とかってのもあるし、まあ病歴長いと誤魔化し方もある程度判ってきて、騙されてる人もいるのかも、ですけど(失礼なやつだな)、まあ勿論そうじゃない人もいるし、それで仮の、であれ、ともかく何らかの「居場所」を確保できてた、ってのはあるみたいです。他にはなんか無駄にプライド高くてダメダメな時にあからさまな「転落」っぽいことはしたくなかった、とか、単純に行動力含めた能力の欠如とかいろいろありますが、そういう微妙なバランスの上で、「取り敢えず今のところ」死んだり殺したりしてないという感じです。

 逆に云えばそのバランスが崩れてしまった、或いはそういったものを持っていない人は割と簡単に「行ってしまう」というか、道徳だの社会だのの言葉は届かなくなってしまうんじゃないかな、とか。逆説的ですけど現在進行形で痛み感じまくりの人が「他人の痛み云々」とか云われて、そんなん届くと思いますか?しかも痛がってない人に云われたらそんなの尚更でしょ?「痛みを知ってる人は他人の痛みが判る」とかって、それは「乗り越えた」後の話です。

 じゃあどうすればいいのか、とかってのは僕に訊かれても一寸困りますが、というか具体的な対処ってのはもう個別に違ってくるし。でも多分、とにかく「居場所」があれば、そして其処を少しでも大切に思えれば、そのこと自体がある程度の抑止力になると思います。現状への絶望と今の場所(と其処から繋がる未来)への未練を天秤にかけて、後者が重いと感じられて初めて道徳だの何だのが意味を持つんじゃないかと。これすごく難しい話ですけど。

 現在の社会ってやつに適応できなかったり躓いたりするのを「弱さ」だと詰って切り捨てるのはまあ勝手ですけどね、そうやって次の惨劇の種を蒔いてるってことも覚えてて下さいねん♪ 数的優位なんていつ崩れるかもわかんないですしね。ふふ♪

 ……なんかこう、ドロっとしちゃうのはなんででしょうねえ。今更「明るくサワヤカ」なんて求めちゃいねえのもそりゃ確かなんですけども。修行が足りねーよな(何の?)。


追記 (05/02/2004)
 当時書いていた日記からそのまま抜粋したので、文体が他(の『雑感』)と違っているのには目を瞑って頂ければ幸い。
 僕は人間一般に何らかの『良心』とか『善意』が存在すると信じてるのですけど(そこから発した行動が必ずしも幸福に結び付かない、という話は別にして)、『普遍的』な道徳観、倫理観などを設定してそれを犯罪の抑止力にしようというのは無理があるとも思っています。道徳観なんてのは極論を云えばある程度『生きること(必ずしも生活、という意味ではなくて)』に余裕がある人の『おまけ』みたいなもので。
 そういった意味でも、少年犯罪に対する厳罰化というような議論は「何か違うんじゃないかなあ」とか思ったりもしていて。はっきりした答えはまだ出せずにいるのですけれど。
 とりあえず、逆説的ですが、政治とか司法とかはできる限り『道徳』だとか『こころの問題』というのに立ち入らない方がいい、というのが今の僕の考えです。