×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

06-30-2005 (木)

§ ミンティアのアクアスパークは変なニオイ。

 今日は通院及びママンとのおデェトだった訳ですが。またBPNのセールに惑わされたりした訳ですが。鋲付きのリストバンドとか買っちゃったりしたんですが。

 その後HMVにて。取り敢えず母が陰陽座の新譜を買うということだったんですが、ビリーコーガンのソロが出てるよ!うわあどうしようとおろおろしつつ一寸他に目を遣ると。
 Queen Adreenaの新譜出てんじゃん!
 苦悩した末にひとまず今日はQueen Adreenaを選び。そしたら中のクレジットにM. Garsideの文字が。え、これってメラニー?ケイティの妹の?そう思って見るとメンバー写真の黒髪女性は確かにメラニーガーサイドに見えないこともなく。そしてレーベルのサイトで確認したらやっぱり本人ですよ。正式メンバーですよ。ベースでクレジット入ってますよ。ひっそりメラニーも好きだった僕としては嬉しい限り。日本ではずっと前にアルバム1枚出したっきりで音沙汰無しだったけど、ちゃんと活動してたんですねえ。音は「いつものQueen Adreena」って感じですが個人的にメラニーの生存を確認できただけでも嬉しいです。というかこの感動を分かち合える人が日本に何人いることやら。

 帰りがけに母から葛湯の元(というのか?)を貰いました。この蒸し暑いのにどうすんだっつー話ですが、葛湯好きなので嬉しいです。お腹が減ったら葛湯飲みます(いやそれ駄目じゃん)。

 月代わりに合わせてシステム移行はたぶん無理な感じです。ローカルで調整中。

§ というか

 テキストだけならデータ移行終わってるのだけれど、HaloScanのコメントやトラックバックを移動させるのが大変で。しかもこの機にデザイン変更なんかもしようとしてるので日記以外の部分も書き換えなきゃいけなくなってそれが終わらないのです。デザインそのままだったらいいかげん終わりなんだけどなあ。というかそもそもデザインの一貫性保つ為に効率的な書式とか考えて書いてた筈なんだけどなあ。なんでこんなに手間掛かってるんだろう。

 ……やっぱ僕頭悪いんですかね。

06-28-2005 (火)

§ Sの葬列

 眠いんですよ。薬の副作用だっつーのは判ってんですけどね。だからっつって飲むのやめる訳にもいかず。

 んで特に精神疾患の場合顕著なんですが(僕の場合は精神だけじゃなくて脳の障害もあるのでまた一寸違う話なのは承知の上で)、「薬に頼るのはよくない」とかしたり顔で云うやついるじゃないですか。もうねえ、ほんとやだ。だったらお前治してくれよ、と。こっちだって好きで薬飲んでるんじゃねえんだよ、と。何がタチ悪いって実際精神患ってる人間がまたこういう思想(?)持ってたりして薬飲まないで変に頑張っちゃうのが美徳だと思ってたりするのね。つーかお前薬飲めよ、と。薬飲んで少しおとなしくしててくれ、と。

 勿論薬なんて飲まずに済めばそれに越したことは無いんですけど、『飲まないとやってられない(って酒みたいですね)』人にそういうの強要しないで欲しいです。

 ああなんだか愚痴っぽくていけませんね。nDiaryへのデータ移行がなかなか進まないのも一因かも。ということで移行完了まで諸事情により暫くコメント欄閉じますが悪しからず。現在鋭意作業中でございます。御用の向きは掲示板かメールでよろしう。

§ 恋をした夢を見た

 鰐の化身で水蛭子(なのか?骨格が変だった、というかまともな骨格が無かった)の少女に恋をする夢を見ました。鰐の状態の時に革靴噛み切られたりして。
 外は実家の近所に酷似してるんだけど、何故かターミネーターとロボコップ足して3で割ったぐらいの安っぽい抗争が繰り広げられてたりして、何故か僕はその世界(?)のサウンドトラック持ってたりして。
 諸事情により他の女性と行動してるのをその恋人(だか何だか)に目撃されてさあ大変、というところで目が覚めました。

 『真実の愛』とやらが3次元には無さそうだ、とか云われて。じゃあ2次元はどうかっつーとそれもあんまり乗り気でなくて。結局夢でもわけわかんないことになっておしまいですよ。

 いや、可愛かったですよ。鰐で水蛭子だけど。

06-26-2005 (日)

§ ウヌウ。

 なんだかBloggerさんが勝手に変なタグ入れてくれるので一寸不機嫌です。こっちもnDiaryに移行しようかなあ。けどデータの移行がめんどくさい……コメントとか全部無視しちゃえば多少楽なんですけどね。

 そんな訳で(挫折しなければ)システム移行しようかと思ってます。それに伴って見た目とか一時的にごちゃごちゃするかもです。アクセスできなかったりレイアウト崩れてたりしたらごめんなさい。その分他で幸運があるように祈ってますから怒らないで、ね?

06-24-2005 (金)

§ のみのみ。

 最近サーヴァが不安定で閲覧者の皆様にはご迷惑をおかけしています。いやまあ見られなかったからっつって大して日常に影響のある文章でもないんですけども。取り敢えず僕は迷惑してます。無料だからいちいち文句云えないけどさ。

 さて。おともだちの内定祝いという口実で(口実かよ)飲みに行ってきました。いやあ久々に若くて可愛いお嬢さんたちと酒なんか飲めておじさん感激ですよ。何故かプレゼントまで貰っちゃったし。誰のお祝いだかわかんなくなってきましたよ。いいのか?僕が一番かわいそうな子だから?ともあれ感謝しております。MDゆっくり聴かせて頂きますね。そして可愛いどんぶりで頑張ってご飯食べます(「ちゃんとご飯食べて下さいね」と云われた)。

 時に、無駄に気合入れてバキバキのゴスだった今日の服装なんですが、ゴス系ってさ、脱オタ(正確には脱・オタクファッションか)しそこねた人の典型なんですってね。実際コスプレ系イヴェント(1回しか行ったこと無いけど)でもゴスいっぱい見掛けたし、元カノも腐女子でゴスロリちゃんだし。そんな訳で一般にはオタファッション並みに退かれるらしいんですが、けど別にいいんです。僕は好きでゴス着てる訳で、そもそも脱オタしたいとかいう動機も無いし。寧ろオタク上等、護身完成ってことで。ゴス人民共和国の一員として生きて行こうかと。……けど夏は暑いんですよね。本格的に暑くなってきたらまたエスニック系に戻ろうかな(普通の服はあんまり持ってないらしい)。

 追記:MD聴けないですよう。何故だろう。うちのプレイヤーが旧いから?

06-23-2005 (木)

§ ふりがな

 ふりがなを付けてくれます

 実際やってみると完璧とは云えないまでも割と頭いいかも。日本語苦手な人には便利かも。
 けど此処で紹介しても意味があるのかは謎。

06-20-2005 (月)

§ ダスト&スクラッチ

 ブーツが欲しくなって買いに行ってみたら脚が細すぎて脛の部分ぶかぶかで一寸悲しくなりました。かといって女物は足が入らないし。

 Musical Batonの影響でリッピング熱が上昇中。旧いCDをiTunesに放り込みまくり。やっぱりPCに入ってると便利です。CDドライヴ壊れたコンポをアンプ&スピーカー代わりに使ってるので音もCDと比べてそう悪くないし。ただ手持ちのCDの中である程度選別しても(例えば寝るときにしか聴かないようなのは外すとか)いったいあと何枚あるのか見当も付きません。最終的にどのぐらいの容量になるのか考えると軽くどきどき。

 ところが。
 再生してみるまで気付かないんですが、意外に取り込み中に音飛びしててそのままエンコードされているという事故があったり。取り込んだ曲をすぐ聴くとは限らないので後で気付いてやり直そうとしても肝心のCDが山(山になって積まれてるんですよ。棚が足りなくて)の何処かに埋もれてたり。取り敢えず取り込んだら早めにチェックするのが肝心ですな。ってか取り込みの時に他のアプリ使い過ぎてたのかな?やっぱマシンの限界なのか……むう。

 それにしても月也さん、「細っこい」って……。いや、確かに既製品のブーツ履けなかったですけど。返す言葉も無いのですけれど。……うう。ごはん食べなきゃ。

06-19-2005 (日)

§ weird and wired

 昨日辺りから巡回してるサイト(ブログ以外も)で軒並みMusical Batonが回ってて笑えた(いや僕も回したうちの1人なんですが)。そろそろ飽和状態ってことですかね。見る限りでは5人に回してる人のが少ないし。実際ほんとにみんなが5人ちゃんと回したらn日で5のn乗だから10日で1千万人近く、地球の人口超えるのに15日掛からない訳で。まあそろそろ止まる頃合、だからこそ僕のとこまで回ってきたのかなーなどと。

 さて、久々に、ほんとに久々に(2箇月ぶりぐらい?)絵を描きましたよ。いや全然描いてなかった訳じゃないんだけど、久々に公開。猥褻にしようとしてみたんですが……うーん。高尚なエロスでなく下世話なエロを(無理矢理でも)感じて頂ければ幸い。萌えは皆無ですが。

 ってかさ、最近の子(って云い方もまた年寄りくさいな)はほんと絵が上手いですよね。アニメ絵とかイラストに関してはほんと文化の蓄積が違うから。生まれた時からもうある程度洗練されたメディアに触れてて、しかも全体のレヴェルがすごい勢いで上がってる中で育ってる訳で。そういった部分で絶対敵わないと思うことがあったりします。いやもうほんと無理。ニュータイプにはなれません。

 それでも、誰も求めてなくても描く訳です。「気持ち悪い」とか「怖い」とか云われながら描くのです。せめて強化人間ぐらいにはなりたいなあ、などと思いつつ。コーディネイターじゃないよ。

06-17-2005 (金)

§ 罪でもいい好きと言って

 gene : 人を好きになれなくてもへのお返事。

 うーん、割り切り、かあ。確かに割り切っちゃってるのかも知れません。で、逆説的なんだけど、今僕が割り切れちゃってるのはたぶん割と最近に『ちゃんと』恋愛してたからなんじゃないかと。もしもあの体験が無かったら「恋愛なんてしなくてもいいんじゃん」って気持ちは出てこなかったかもしれないと思うんですよね。コンプレックス抱えたままだったかも、と。厭味な云い方になっちゃいますが、1度『勝ち』を体験したからこそそこで開き直れるというか、余裕かました発言ができちゃう、って面もあるんじゃないかな、と。

 けど、ということはやっぱまだ恋愛資本主義に心が捕われてる証拠なのか。ほんとに心の底から気付く、というか受け容れるとこに辿り着いてないのかな、と思ったりもします。

 あ、それから一寸ずれるけど『好き』ってことに対して。何処で読んだか忘れちゃったんですが、たぶんカート・ヴォネガットか誰かの言葉で「愛は死んでも親切は不滅」とかそういうのがあって。『好き=恋愛」じゃなくてもいいんじゃないかな、って。僕も人が怖いと思うのはあんまり変わってませんが、恋愛は怖くても親切ならそれほど怖くないかも、なんてのを付け加えときます。怖くない方向で関わっていければ、きっとそれでいいんじゃないかと思うので。

§ things falling apart

 最近ブログ界にて不幸の手紙の如く/SPAMの如く/テレフォンショッキングの如く/ヴァイラスの如く/馴れ合いの如く増殖しているという噂のMusical Baton、僕には無縁のものだろうと高を括っていたらエナメル氏から回ってきましたよ。この手の企画ものは友達少ないので困るんですが、まあ一緒に焼肉食べた仲ですし、参加しましょうか。

Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

  • 5.21GB  少ないかな。昔のCDはリッピングしてなかったりするし。

Song playing right now (今聞いている曲)

"Ticks & Leeches" / TOOL
"Lateralus"より。

The last CD I bought (最後に買った CD)

"PEACE SELLS... BUT WHO'S BUYING?" / MEGADETH
温故知新キャンペーン中。ブックオフで1,000円也。

Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)
 5曲って難しいよな……順不同で。

"We're in this together" / nine inch nails
なんかね、泣けるんですよこの曲。
『甲賀忍法帖』 / 陰陽座
取り敢えず現在一番ハマってるかも。
"Creep" / radiohead
ベタといえばベタだけど、やっぱ外せないかな。
『機械』 / 筋肉少女帯
アルバム『キラキラと輝くもの』はほんと号泣ものですが、敢えてこの1曲を。
『交差点の置き手紙』 / 松崎ナオ
散々いろいろ歌っといて最後に「それはさておきら〜ららら〜」ってのがたまりません。

 基本アルバム単位で聴くので、曲単位で選ぶのは難しいです。スマパンとキュアー入れられなかったのは痛恨だなー。

Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5名)
 はい生け贄ですよ。あ、勿論拒否権はありますけど。

kajiさん
こういう企画に乗ってくれるかは判らないけど、一寸興味あるので。最近どうですか?
みゆ嬢
最近いろいろライヴ行ってるみたいでいいなー。フィッシュとザゼンで埋まっても文句は云いませんよ。
hirikaさん
現役CD屋店員として、ってよりやっぱ興味かな。Pierrotとジャニで埋まっても以下略。
月也さん
最近如何ですか?とのご挨拶も兼ねて。どうでしょう。
jounoさん
交流無いですけど。なんかこういうのと無縁にいろいろ書いてるイメージがあるので、敢えて。質問に答えずに考察とか始めちゃっても可です。

 Thomasに回そうかと思ったらトラックバック付いてなかった。がくり。

 回す基準としては「トラックバック付いてるけどあんまりこういうの回ってこなさそうな位置にいる人」という感じで。っていうかそもそも僕に回ってくるってのも想定外だったし。『そういう輪』の外にいると思ってたから。この中で何人ちゃんと回してくれるかってのも楽しみではあります。誰も回さない可能性もあるけど、別に気にしません。僕は面白かったから回答してみただけだし、回答するのと次に回すのも別だし。

06-14-2005 (火)

§ 狡い私を苦しめるのは叶わぬ願い

 『悲しい予感』ですよ。プチアニソン祭り。『月詠』は殆ど観てなかったけどこの歌は好き。

 『電波男』読了。あの、今更ながら知らない方にフォロー入れとくと、『電車男』ではないですからね。『電男』ね。著者の本田透もフルバではなくて、『しろはた』の人。『電車』は書籍化する際のいろいろで萎えてるというのは前にも触れましたけど。

 面白かったですよ。オタク的ジャーゴンで過剰修飾されたように見える文体は慣れてないとつらいかも知れませんが、一応細かな脚注もあるし、たぶんこれはこういう文体でしか語れないものなんだと思うから。逆に其処を乗り越えると、というかその必然性を理解した上で読み進めると非常に引き込まれる。内容に関してはぶっちゃけた話まとめwikiから感想リンク辿ってある程度読んでくとそれなりに把握できちゃうかも、という気もしないでもないですが、それでもやっぱり僕としては原典に直に触れてほしいな、と思います。少なくとも僕にとってこの本の最も大事なところはその『熱さ』だと思うので。一緒に燃える(萌える?)にしろ、熱に当てられてよろめくにしろ、まずは本文ありきというか。オタク肯定のアジテーション(文中では『勝利宣言』)、恋愛至上主義に対するアンチテーゼ、恋愛資本主義なるものの考察、2次元至上主義、本田氏の自分語り、その他いろいろ読み方はありますけど、それら総てが混沌としたままとにかく力一杯投げ込まれてるところこそがこの本の魅力だと思うので。不格好でも決して烈海王から逃げない寂海王の戦いぶりのような(護身開眼!)。まあその混沌を不完全と捉えるとすごくつまんないんでしょうけどね。実際寂は烈に負けちゃう訳だし(いやそれはどうでもいいよ)。

 で、僕も自分語りになっちゃいますけど(まあ評論の殆どは程度の差こそあれ自分語りであると思いますが、っつか全然自分を語らない評論はあんまり面白いと思えないような)、という前置きを一応置いといて。
 僕もね、外見はひとまず措くとして(まあ少なくとも良くはないよなあ)、心にキモメン飼ってるんですよ。というか、10代前半ぐらいまでは単純にほんとキモメンだったと思うし。その後、脱キモメンの為に相当の時間と努力を費やして現在の僕の基礎を作ってるんです(ヴェクトルとしては寧ろキモさをネタにしてニッチ市場を狙う方向性ですけど)。で、その背後にはやっぱ恋愛至上主義というかさ、「え?まだ彼女いないの?」とかね、そういうなんか無形の圧力とか強迫観念があった訳で。ほんとかなり無理してた。今思えば10代後半から20代前半ぐらいまでの僕の『恋愛』が碌でもなかったのは当然と云えば当然。共依存しか無かったってのはまあ相手選びに問題があった所為もあるでしょうが。
 ただ一寸複雑なのは割と最近になってハピイな恋愛も経験してるってとこで(その辺は去年前半ぐらいの過去ログに。日記に記しちゃうってのはやっぱキモいと思うんですが)。そこは相手が腐女子だったから、ってのがかなり大きいと思うんですが。で、僕は彼女に萌えてた訳ですけど、あのラヴラヴハピイ感が2次元萌えで可能かと云われると其処はすごく疑問、ってのと、こう、『落ちちゃった恋愛(今作った造語)』だったらね、否定しなくていいと思うんですよ。
 まあその後僕の方は『落ちちゃう』ほどの相手も見付からず毒男状態なんですが、そこで一寸焦ってたりしたのに対して「あ、考えてみたら別に恋愛なんてしなくてもいいんじゃん」と気付かせてくれたのはとても大きいです。しちゃう時はしたくなくてもしちゃうんだし、恋愛してないからってどうってことないんだよなー、と。『恋愛競争』というゲームから降りても別に人生は続くというか、他にも自分が参加できるゲームはあるんだ、という。その辺で救われた感じはします。で、こういう態度が『恋愛資本主義』から叩かれる、ってのもすごく理解できるんですけどね。けどその認識を広めるだけでも随分楽になれる人は出てくるんじゃないかな。

 まあ結論としてはアレです、惚気日記は少なくとも2次元萌え日記と同程度にはキモい、と。でも「キモくたっていいじゃないか、キモメンだもの」とか。

 みつを嫌い。

§ こんとんじょのいこ

 まずはこちらを。誰でもえなりかずきになれる技です。でも僕は小林桂樹にしかなれませんでした。

 「けんてんじぇねいけ」で田村正和にはなれます。そんな僕はしばしば「喋り方が福山雅治に似てる」と云われます。別に嬉しくない。顔が似てるならいいけど。

06-11-2005 (土)

§ 左様己と向き合うことを恐れ誑かる

 まだ『電波男』は読み終わってません。

 軽く掌を返しちゃいますが、よく考えてみたら僕は『恋愛の死』とかは割とどうでもいいのかも。というか、恋愛なんて社会的に生きてようが死んでようがハマる時はハマるもんだし、ハマっちゃえばそんなのは考えない。総ての恋愛は脳内なんだから(というのは既に『電波男』も云ってますね)。ロックも神も同じか。だからいろんな人が死んだ死んだ云ってもまだ残ってんでしょうね。

 そんで。
 やっぱ問題は恋愛もロックも神もなんか社会化されてるっつーか、ある程度暴論めいたとこまで突っ込むと経済に組み込まれちゃってるとこにあるのかなーと。そういうとこを総称して『電波男』では『恋愛資本主義』と云ってるのかなーと。まあそれを云い出しちゃうとそれこそ資本主義なんつー代物自体について語ったりしなきゃならなくなっちゃいそうで手に余るんですが。敵は資本主義か。

 さて、資本主義は敵だと認識されたところで僕には目下もっと手近な敵がいるんでした。それが『自己実現』ってやつ。正確には『自己実現すべきだという強迫観念』。これって実はとても恋愛資本主義の近くにいそうな直感があるんですけど、というか『恋愛で自己実現』ってタームを間に挟めばそのまま恋愛資本主義一直線か。因みに『恋愛』のとこを『信仰』に入れ替えれば宗教になるし、『仕事』とか『金儲け』にするとまんま資本主義ですね。民族に求めりゃ右翼だし理想主義に求めて左翼になったりね、戦争反対で人間の盾になっちゃったり。

 いや、僕だって自己実現してみたいですよ?けどなんだか巷で騒がしい『自己実現』ってのはなんか違う気がする。右肩上がりインフレ止まらなくなっててついてけない。というか、『自己で(勝手に)実現する』んじゃなくて『実現した自己を(誰かに)認めて貰う』というようないやらしいニオイがするんですよね。結果生半可なことじゃ実現できなくて極端に走るインフレ状態ができてるような。自己実現資本主義?上昇志向無し、右肩上がり不信の僕とは反りが合わなくて当たり前という図式。

 ということで資本主義と自己実現を敵に回した僕に残ってる道はニートしか無いような気がしてきましたよ。いやまあニートでずっと生活できるならそれで一向に構わないっちゃ構わないんですけども。老後は野垂れ死にですかね、うむー。

06-10-2005 (金)

§ 恋うが忍法帖

 紙マッチ(喫茶店とかで貰えるようなやつ)を擦ったら親指が焦げました。びっくりした。というのはさておき。

 本田透『電波男』購入。今更感が拭えない気はしますが『旬のもの』と疎遠な僕としてはこれでも早い方かと。
 実際僕はオタクとしては『薄い』方だしどちらかというと3次元属性強いとは思うんだけれど(というか2次元萌え属性が薄い)、いろいろな処で語られている「電波男について」の言説に興味を惹かれたのと、何より以前『電車男』で踊っちゃった過去に落とし前を付けたかったんですよね。自分の中で。僕が踊ったのは出版の前だったけど、その後のメディア展開とかほんと萎えるしさ、あの時点でかなり自分も『恋愛資本主義』とやらに取り込まれてたから。というか今も抜け切ってないし。

 で、その辺総括はなされたのかっつーと、まだ半分も読んでないので保留。ただね、こちらの『「恋愛資本主義」へ、ようこそ』という記事は感覚的にかなり僕と近そうな気がします。

 この辺まとまってないので書くのにやや抵抗はありつつ、あの、現在30前後の人ってさ、なんかいろんなもんの死後とか葬式とか経由してきてる気がするんですよね。っつーか思春期頃には大抵のものが死んでたり死んだり瀕死だったりしてたような。神とかロックとか社会主義とか戦後とか冷戦とか昭和天皇とか高度成長期とか(その後のバブルとか)後は家制度とかね(順不同ですよ、念の為)。んでずっとその『葬式』とか『後処理』ばっかり見てきてる感じ。だいたい神とかロックなんてのはほんとに死んでるのかもよくわかんないんですけど、取り敢えず粛々と葬儀が行われてるとこは見てるっつーか。という訳で死屍累々の景色ばっか見てきて、今度は「恋愛よ、お前もか」と。個人的に資本主義の余命は割と短いんじゃないかと予想しつつそっちにはさほど未練も無いんですが(所詮そっちでは僕『負け』決定だしな)、恋愛が死んでくのに未練たらたらなのはやっぱ洗脳されちゃってんのか?萌えにシフトできてないオールドタイプだから?
 何れにせよ『電波男』で提示されるのは恋愛資本主義に対抗する為のいわば『本田メソッド』な訳で。僕は僕で何らかの『シダメソッド』とかそんなもんを考えなきゃいかんかもです。そういった意味で「前向きに絶望する」為の書物なのかなーなんて。

 『バジリスク』観たいんですけどうちではTVKの電波が入りません、というタイトルが本文と殆ど無関係なのはまあいつも通り。

06-09-2005 (木)

§ 名無しさん@お腹いっぱい

 ちゃんと夕食を食べずに寝てしまったので、夜中起き出して夜食に素麺を茹でました。しらすとかじゃこと和えて胡麻油で炒めると美味。味付けは麺つゆで。

 最初1束茹でて食べても全然足りなかったのでもう1度。なんとなく勢いで2束茹でたら食べきれません。

 基本的に予測とか計算とか段取りとか苦手なのです。というかこういう時ほんとに自分ばかだと思います。

06-07-2005 (火)

§ 更新値悦家

 酒飲んだり寝たりしてました。最近クラブもライヴも行ってないのでいまいち。

 システムクラッシュする前はフリーのRSSリーダーとか使って巡回サイトの更新チェック代わりにしてたんですが、いまいち挙動が不安定なのと如何せんRSS配信してないサイトは自分でチェックしに行かなきゃいけないというので自動更新チェッカを(フリーウェアで)探してみました。
 が。
 どうもシステム自体旧いマシンで無理矢理動かしてる状態なので(ありがとうXPostFacto)フリーウェアとか入れるとどうにも挙動不審だったりするんですよね。ちゃんと動くやつでもあんまりインターフェイス好みじゃなかったりして。結局本来欲しかったものとは多少ずれるんですが、『LINKS ARoMATIZED』というアンテナ構築用Perlスクリプトで今は落ち着いてます。最初の設定がやや面倒だけれどHTMLファイルの静的生成なので「ローカルのperlでスクリプト動かす→生成したHTML書類をSafariで開く」というシェルスクリプト作っちゃえばアプリケーションと同じ感覚で使えるし。一応スクリプトとしてはFTPアップロードまで付いてるんですが、本来ローカルで使う更新チェッカが欲しかっただけだし、ウェブで公開するならまめに自動更新しなきゃいけないし(自動更新はできるけどその為にPC起動しっぱなしにしとくのもやだな、と)で使いません(此処のサーヴァではCGIとして使うのも不可能だし)。そんなこんなでもしかしてアクセス解析付けてるとこでは妙なアクセスログが残っちゃう場合があるかもですが、お心当たりの向きは無視して頂ければ。
 けどこれ一部のブログやはてなダイアリーなんかだとコメント付いただけで更新として認識しちゃうのが難です。たぶんカスタマイズで対応できる範囲なんだろうけど、それも面倒だしなー。

 他にも一寸フリーウェアの話。画像ヴューア探してて『絵箱』というの見付けたんですが、これはなかなかいいかもです。最初は多少操作性に癖があるかな、と思ったんですが、これって『画像表示に特化したFinder』だと思うと最初感じた『癖』は寧ろ一貫性のあるインターフェイスと思えるようになって好感度高し。勝手にライブラリにエイリアス追加したりしないし(ここ重要)。作者自身が絵描きさんということもあり、アイコンなど細かい部分にも可愛げがあってよいです(個人的にこれも結構重要だったり。変に狙ってるのよりはシンプルな方がいいんですけど、『絵箱』はその辺かなり好みなので)。まあアプリ自体が可愛い分エロ画像見たりするのには向かないかもですが。これでマウスホイールのスクロールに対応してくれたらいいんですけどね。後はRiff画像をそのまま開ければ完璧。ってフリーウェアに求め過ぎですかね。まあRiffに関しては他でも見られるヴューア無さそうなんでなんか難しい問題とかあるのかも知れないですが、ホイールマウスに対応してくれたらほんとに嬉しいなあ。カンパ募集中らしいんでMacユーザーの皆様、是非使ってみてカンパしてあげて欲しいです(自分はしないのに)。ごめん、貧乏で……。

 (追記)『絵箱』のホイールスクロールは開発環境的に難しいらしいです。残念。まあ充分使い勝手はいいソフトなので、今後も期待しております。

 本日はシダのフリーウェア紹介でした。最近一寸『blog』っぽさを意識して書いてるんですけど、どうですかね(たぶん次回ぐらいから飽きる)。

06-03-2005 (金)

§ 武呂愚の使い手

 「なっ、あれは問落苦罰繰(とらっくばっく)……」「問落苦罰繰じゃとー!? し、知っているのか雷電!?」
 いやそれはもういいです。けど時々『知っているのか 雷電』で検索してくる人とかいるんですけどね。

 そうじゃなくて、今回はなんで自分blog使ってんのかな、というお話で。
 単に更新楽になるかな、というだけの理由というか、HTML書類せっせと作ってFTPというのが面倒だっただけなんですが、なんで態々HaloScanでコメントだのトラックバックだのまで付けちゃったかな自分、という。

 前から読んで下さってる方々及び多少なりとも過去ログご覧になった方にはお判りかと思いますが、基本的に内容はblog向きじゃないです。時事トピックも扱わないし、何かしらのデータベースになるようなことも書かないし、お役立ち情報も無いし、さして深い考察とかもしない。昔ながらの日記サイトにしてた方が向いてる。実際トラックバックもしないし来ない。まあそんなこと云い出したら今その辺にあるブログなんて殆どそんなもんかも知れませんけどね。ただ最近一寸トラックバックに関してもやもやと考えたりしてて、なんかほら、昔あった(今もあるか)『ネットマナー』みたいに『トラックバックのルール』とでもいうようなのが乱立してるっぽいなー、とか。で、此処はほんとそういうのと無縁でトラックバックスパムさえ来やしないし、相変わらずの取り残され感っつーかね、置いてけぼりが寂しいので何か語ってみようと思ったらほらやっぱりまとまらないですよ。

 個人的にはトラックバックは本来の仕様にそった使い方がいいんじゃないかな、と思ってます。リンク告知というか。一方通行は面白みが少ないと思うので。流通経路は閉じてない方がいい。そのぐらいです。スパムは論外として。

 ほんとはね、hirikaさんとこにトラックバックスパム来てた様子なのでお見舞いがてらちょいと語ってみようかと思ったんですけども(馴れ合いです。5月にお会いできなかったし)なんだか全然違う方向に行っちゃいました。申し訳ない。あんまり外れちゃったんでトラバも送りません。リンクもしないのは読者の方々への意地悪です。

 たまにはうちにもトラックバックとか来ないかなー。いや来たら来たでめんどくさいとか思うんでしょうけど。っていうかこんな『日記』の何処にトラバを打てと?
 あ、でも今日は割と『blog』っぽかったでしょ?そうでもない?(つくづくblogは向いてないらしい)

06-02-2005 (木)

§ スノッブマシンチャイルドの憂鬱

 機械に依存した生活を送ってるのでPCが不調だと自分まで不調なような気分に。というか機械とは無関係に不調かも。かもかも。OS再インストール(に加えて環境設定など)で疲れたってのもあるのかもですけども。何回初期化して入れ直したっけ?

 前回のエントリで一寸気付いたのだけれど、なんかね、僕の中でまだヲタに対する偏見っつーか、「いや自分はその辺の萌えヲタと違うから」みたいな俗物臭い選民意識みたいなのね、そういうの根強く残ってるみたいです。厭ですねこういうの。ハードSFマニアがラノベ莫迦にするみたいな。最近かなり萌えに対しての反感めいた気持ちは薄れてきてて、寧ろなんかオレ一寸『萌え』ってもんが解りかけてきた?なんて思ってたのにこれですよ。醜い。
 基本的には脳内ジャンル分けなんてのは『よいもの/面白いもの』と『悪いもの/つまらないもの』の2つに分けとけばいい筈なんですけど、余計な情報とか先入観とか固定観念とかに縛られてる部分ってのはまだまだある。まあ完全に自由な精神なんてのはもとより信じていないにしても、それを目指す気持ちは忘れちゃ駄目だよなー、と。

 接続頁更新。いくつか入れ替え。